濃厚なハチミツ

紀元前からあるローヤルゼリー

http://puti-ange.jp/honey.htmlにも書いてあるように、人類とミツバチとの関わりは非常に古く紀元前6000年頃に描かれたとされるスペイン東部にある洞窟の壁画には、ハチミツをとる人間と周りを飛び交うミツバチの様子がすでに描かれていました。
ローヤルゼリーが発見されたのは、それからしばらく先のことになります。

紀元前300年頃に古代ローマ時代の哲学者であるアリストテレスが書いた『動物学』という書物に“濃厚なハチミツに似た淡黄色の柔らかいもの”という記述があり、
ここで記されたものがローヤルゼリーではないかと言われています。

しかし、まだローヤルゼリーと女王蜂の関係までは詳しく知られていなかったようで、
アリストテレスもミツバチがローヤルゼリーを食べることで驚異的な生命力を持つ女王蜂に育つことには気がついていなかったそうです。

19世紀に入ると、ようやく商品として販売がされるようになり、“奇跡の霊薬” “不思議な薬” “魔法の液”などと呼ばれて、
人々にもローヤルゼリーの不思議な効能が知られるようになってきました。

http://www.teampavlik.com/zyoubati_tokubetsu.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーの名前が世界的に知られるようになったきっかけは、1955年の国際学会でローヤルゼリーがローマ法王の命を救ったと発表されたことにあります。
1954年に、当時80歳を越えて病床につき危篤状態となったローマ法王に主治医であるガレアジーリシー医師がローヤルゼリーを処方したところ、
奇跡的に病状が回復するという出来事がありました。

このことを、1958年に開催された第12回世界養蜂家会議にローマ法王自らが出席をして、自身の体験談からミツバチの素晴らしさをたたえる演説を行いました。
このことは、全世界に報道されて話題となり、ローヤルゼリーの存在が一気に知られるきっかけとなったのです。

このように、人類とローヤルゼリーとの関係はとても古く、長い年月をかけて研究をされて病気の治療薬などとして使用されるようになり、
その効果http://www.rote-rose.jp/what.htmlの素晴らしさから健康食品として徐々に人々の手に渡るようになったと考えられるのです。

Copyright(C) 2013 女王蜂のゼリーで体質改善 All Rights Reserved.