特別食

はちみつじゃないローヤルゼリー

ハチミツとローヤルゼリーが蜂の巣から採取できる食べ物ということは広く知られていますが、
ハチミツとローヤルゼリーの違いは意外と知られていませんよね。
この2つを同じ食べ物のように考えている人も少なくありませんが、実はまったく違う食べ物なのです。

たしかに、ローヤルゼリーとハチミツは両方ともミツバチから分泌される成分から作られています。
しかし、ハチミツは多くのミツバチが作り出すことができるのに対して、ローヤルゼリーは孵化して間もない若いメスのミツバチにしか作り出すことができません。
さらに、分泌の方法や原料、味にも大きな違いがあります。

ハチミツは働きバチが花蜜を食べて、胃の中で消化をしたものを口から巣に戻して熟成されることによって作られます。
そのため味はとても甘く、半透明な黄色をしています。

それに対してローヤルゼリーは、若い働きバチがハチミツと花粉を食べて体内に吸収し、
腸で合成された成分を頭部にある咽頭線から分泌をすることで作られます。

ハチミツに含まれている糖質が80%なのに対して、ローヤルゼリーの糖質はわずか10%ほどしか含まれていないので、
甘みはほとんどなく発酵しているような酸味を感じます。
色も半透明というよりも不透明な乳白色をしています。

そして、一番の違いと言えば、ハチミツは多くのハチに与えられる食事なのに対して、
ローヤルゼリーを食べることのできるハチは女王蜂だけだということでしょう。
つまり、ローヤルゼリーは女王蜂に与えるためだけに作られる特別食だとも言えるのです。

ハチミツも大変栄養価の高い食品として知られていますが、ローヤルゼリーはさらに栄養のバランスが良いことで知られています。
さきほどもお話をしましたが、ハチミツに含まれている成分の約80%は糖質で、残りのほとんどが水分で構成されています。
つまり、ビタミンやミネラルなどの栄養素はほんの数%しか含まれていないことになります。

ローヤルゼリーの糖質は約10%で、水分は約60%、残りの30%はビタミンやミネラルなどの豊富な栄養素から構成されています。
ローヤルゼリーに含まれる豊富な栄養素の力によって、女王蜂は多くの卵を産み、働き蜂よりも40倍もの長い期間を生きることができるのです。
みなさんもローヤルゼリーで健康生活始めてみませんか。

Copyright(C) 2013 女王蜂のゼリーで体質改善 All Rights Reserved.