アレルギー反応

ローヤルゼリーとアレルギー

豊富な栄養分を含み、古くから健康や美容に効果があることが知られてきたローヤルゼリーですが、
摂取することを気をつけなければならない人がいることも知っておく必要があります。

ローヤルゼリーは子供もOK?”でもお話をしましたが、6歳未満の乳幼児は腸内環境が未熟でボツリヌス菌などの細菌に感染する恐れがあるため注意が必要です。
それでは、6歳以上の子供や成人は気にせずに摂取をしてもまったく問題がないのかと言うと…そうとも言い切れないのです。

http://clydesdalefitness.com/syokumotu.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーの約10%はタンパク質から出来ており、6歳以上の子供や成人でもローヤルゼリーに含まれているタンパク質が原因でアレルギー反応を起こす可能性があります。
また、ローヤルゼリーはミツバチがたくさんの植物から花蜜や花粉を集めて体内で合成を行うことで作られています。
多種多様な植物の天然成分を集めて作られていますから、当然花粉症やアレルギー性鼻炎などの症状がある人も注意が必要と言えます。

ローヤルゼリーを摂取した時のアレルギー症状には、湿疹やじんましん、鼻水や鼻づまり、体のだるさなどの症状があります。
これらの症状はアレルギー体質のない人に比べて、喘息やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状がある人に特に起こりやすく、
稀にですが、呼吸困難や意識障害などの症状が起こり重篤化するケースもあるようです。

それでは、ローヤルゼリーはアレルギー症状を引き起こす可能性の高い危険な食べ物なのでしょうか?
実は、ローヤルゼリーに限らず、食品が原因で起こるアレルギーは、食品に含まれるタンパク質の過剰摂取と消化不良がきっかけで起こると言われています。
つまり、タンパク質を含むすべての食品にアレルギー反応を起こす可能性があるのです。

ローヤルゼリーは古くから多くの人達に愛用さてきた食品です。
摂取することを必要以上に警戒する必要はありませんが、万が一アレルギーが疑われる症状が出た場合は、
すぐに摂取することをやめて専門の病院を受診することをお勧めします。
▼ローヤルゼリーのアレルギーが気になる方はマカがおすすめです。是非こちらもご覧ください。

Copyright(C) 2013 女王蜂のゼリーで体質改善 All Rights Reserved.