血液が止まらない

ローヤルゼリーと薬の飲みあわせ

病気の改善や健康な体作りをするために、ローヤルゼリーに含まれる豊富な栄養分を体内に補給したいと考えている人は少なくないと思います。
その中には、日常的に薬を服用している人も少なくないのではないでしょうか?

そこで、よく耳にするのが「ローヤルゼリーを他の薬と併用して服用しても問題はないのか?」という声です。
http://www.cerg.org/kusuri.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーはミツバチの巣から採れる天然の食べ物であり、薬ではないので基本的には何も問題はありません。

ただ、ワーファリンなどの血液凝固阻止剤を服用している人は注意が必要だと言われています。
血液凝固阻止剤とは、その名前の通り血液が固まる事を抑える薬で、血液の流れを良くして血栓を予防する効果があります。

ローヤルゼリーには血液の循環を良くする作用があるため、血液凝固阻止剤が含まれた薬と併用をすると、
ケガをした場合に、血液がなかなか止まらない可能性があります。

この薬を服用している可能性のある病気は、心筋梗塞、脳卒中、静脈血栓症、肺塞栓症、肝炎、末梢動脈疾患などです。
これらの病気にかかって薬を服用している人は特に注意が必要です。

ローヤルゼリーは天然の食べ物であり、40種類を超える豊富な栄養素がふんだんに含まれています。
その中のどの成分が、どのような薬に影響を及ぼすかを素人が判断をすることはとても困難です。

血液凝固阻止剤を含んだ薬以外を服用している人も必ず安全だという訳ではありませんので、
日常的に薬を服用している人は自分だけで判断をしないで、必ずかかりつけの医師に相談をしてから服用を始めるようにして下さい。

また、薬以外にも飲み合わせに注意が必要な食品があります。
紅茶やコーヒーなどに含まれるタンニンという成分は、ローヤルゼリーに含まれる鉄分と結びついて吸収を半減させる働きがあるため、
ローヤルゼリーを服用する時はタンニンを含むお茶やコーヒーではなくて、タンニンを含まない麦茶や水などと一緒に飲むようにすると良いでしょう。

Copyright(C) 2013 女王蜂のゼリーで体質改善 All Rights Reserved.