6歳未満

ローヤルゼリーは子供もOK?

http://www.golsoftware.com/11.htmlにも詳しく掲載されているように、ローヤルゼリーは人間の体を構成するために必要なタンパク質、炭水化物、脂質などの3大栄養素をはじめとして、
体内で作り出すことのできない必須アミノ酸を含む20種類以上のアミノ酸や、ビタミン、ミネラルなどの40種類以上の栄養素をバランス良く含んだ総合栄養食品になります。

ローヤルゼリーには、大人はもちろんのこと成長過程の子供に必要不可欠な栄養素が豊富に含まれています。
これらの栄養素には成長を促したり、免疫力を高める力があると考えられています。
そのことを裏付けるように、ローヤルゼリーを食べて成長をした女王蜂は、働きバチの2倍以上の大きさにまで育ち、寿命は約40倍にもなるのです。

子供の健康と成長を願うお父さんお母さんや、すでに健康のためにローヤルゼリーを食べているお父さんお母さんなどは、是非子供にも食べさせてあげたいと考えていると思います。

ローヤルゼリーを子供に食べさせても問題はないのか・・・。
親でしたら一番気になるところですね。

基本的には、小学生くらいに成長をした子供に食べさせる事は問題ないとされていますが、乳幼児と6歳未満の子供に与えることは控えたほうが良いと言われています。
その一番の理由は、腸内環境が未成熟な幼児はボツリヌス菌に感染をして乳児ボツリヌス症を発症する心配があるからです。

http://www.hajimeru.com/child.htmlにも書いてあるように、1歳未満の乳児にハチミツをあたえるとボツリヌス菌に感染する可能性が高いことは知られていますが、ハチミツと同じように蜂の巣から採取されるローヤルゼリーにも同様の危険性があるのです。
ボツリヌス菌は土の中、川、海など自然界に広く生息している細菌なので、ハチミツやローヤルゼリー以外にも、自家製の野菜ジュースや自家製の缶詰などからも感染をする例が報告されています。ボツリヌス菌を死滅させるためには120℃以上の高熱で加熱する必要はあり、乳児が感染をすると、便秘や筋力の低下、ほ乳力の低下などの症状が現れて重症化するケースも多いようです。

また、ローヤルゼリーの場合は、安全をみて6歳未満の幼児にも与えないほうが安全だと言われています。
他にも喘息やアトピー、アレルギーなどの症状がある子供も注意が必要です。
このような症状がある子供に食べさせる場合は、一度医師に相談をしてから食べさせるようにすると安心でしょう。
また、口コミで人気のローヤルゼリーについての記事も参考にしてみましょう。

Copyright(C) 2013 女王蜂のゼリーで体質改善 All Rights Reserved.