成分の変化

ローヤルゼリーの保管方法

ローヤルゼリーは人間の体に必要な40種類以上の栄養素がふんだんに含まれた天然の健康食品です。
ローヤルゼリーはミツバチが作り出す天然の食品のため、そのままの状態を保った品質の高い商品ほど保存方法には十分に注意をする必要があります。

ローヤルゼリーは、健康食品として知られているので薬のような感覚で考えている人もいるかもしれませんが、
薬ではなく食品に分類されており、魚や肉などの生鮮食品と同じように劣化しやすい食品です。

生鮮食品と聞けば、想像がしやすいと思いますが、暖かい場所に長時間放置してはいけませんし湿気が多い場所に保管することもいけません。
高い温度や湿気は、ローヤルゼリーの成分を変化させて、効果を半減させる可能性がありまし、直射日光に長時間当てることも劣化につながります。
では、どのように保管すれば良いのでしょうか?

ローヤルゼリーの種類は、大きく分けて“生ローヤルゼリー”、“乾燥ローヤルゼリー”、“調整ローヤルゼリー”の3つに分けることができます。
その中でも、生ローヤルゼリーは、ハチの巣から採取をしたローヤルゼリーの不純物をろ過することだけで作られており、
保存料などの余分な成分を含まない、そのままの成分と風味を生かした純度100%の食べ物なので、他の2種類のローヤルゼリーと比べて、より劣化しやすいと言われています。
生ローヤルゼリーの保管方法は、湿気が少なく温度の低い場所で保管をして、開封後は劣化が進むため早めに食べることが必要になります。
基本的には、冷蔵庫の中で保管をしますがすぐに食べることが難しい場合は、冷凍をして保管すると比較的長い期間保存をすることができます。

ただ、冷凍保存も永遠に保存できるわけではありません。
冷凍保存と冷蔵保存、両方に言えることですが、色が変わったり香りに変化がある場合は劣化が進んでいる可能性が高いので、早めに食べることが必要です。
色の変化があるからと言って、ローヤルゼリーの効果がすぐになくなる訳ではありませんが、成分が変化している合図と考えて注意をして食べるように心がけましょう。

乾燥ローヤルゼリーは、生ローヤルゼリーよりも保存期間が長く、開封をしない状態であれば常温で保管をしても問題はありません。
しかし、生ローヤルゼリーと同様に湿気や直射日光には注意が必要です。
こちらも、安全を考えると冷蔵庫の中で保管をした方が安心と言えるでしょう。

▼こちらのサイトにもローヤルゼリーについて詳しく掲載されています。
Copyright(C) 2013 女王蜂のゼリーで体質改善 All Rights Reserved.